美しさの秘訣

BEAUTY TIP

お勧め超簡単ケア
角質・保湿・紫外線
ダイエット

20万名対象

Dr.G 顧客肌タイプテストの結果

なぜ、こんなに多いのでしょう?
男女平均化粧品使用数
これが肌にダメージを与える原因!

SOS サインを出している敏感肌向け
超簡単化粧品ダイエット法

角質・保湿・紫外線

STEP1

角質/ クレンジング

不要な角質をなくし、化粧品の浸透を高める
  • チェックポイント
  • 低刺激角質ケア製品であるかチェック!
  • クレンジングのpH が弱酸性であるかチェック!

STEP2

保湿

弱まったお肌のバリアを健康に!
お肌の中に水分をたっぷりチャージ
  • チェックポイント
  • 洗顔後に水分が失われる前に保湿剤として塗ってください!
  • バリアを健康にする成分(フィラグリン、セラミド)が配合されているかチェック!

STEP3

紫外線遮断

紫外線及び外部の有害要素からお肌を守る
  • チェックポイント
  • 曇りの日でも、室内でも、サンクリームを塗ってください!
  • 敏感肌は、無機サンクリームをお使いください!

Dr.G BEAUTY TIP

                        

365日 コーヒー1 杯で
"年中 お肌は乾燥"

コーヒー

どのくらい飲んでいますか?

2018 年 1人当たりのコーヒー消費量

353 杯!

日常生活で水の代わりに
コーヒー飲むのは基本!
でも1 日に何杯も飲むと、

私たちのお肌にはどんな影響が?

コーヒーに含まれる
「カフェイン」が脱水から老化まで

様々な問題
引き起こします!

気を付けるべきカフェインと
お肌の管理

主要ポイント3つ!

 

適正摂取量の確認

成人基準で、1 日
カフェイン400mg以上
飲まないように気を付けましょう(コーヒー約2 杯)

※青少年は1 日1 杯でも超過(2.5mg/kg)
※妊婦及び子供は特に注意(1 日当たりの目安:妊婦300mg以下、体重30kgの子供75mg以下)

出典:食品医薬品安全処(韓国)
 

飲む時間の調節

覚醒効果を引き起こすコーヒーは、
朝飲むとストレスを、
夜飲むと
不眠症を誘発しやすいため、

起床2時間後~午後5 時前までに飲むことをお勧めします。

 

コーヒーの代わりに
水を飲もう

体内の水分を排出させる
コーヒーよりも、
 1 日8 杯、 の水を飲めば水分チャージになります。

 

Dr.G BEAUTY TIP

                        

❝秋に向けての皮膚管理❞

 

特にお肌敏感になる

季節の変わり目

季節の変わり目は、

様々なお肌の悩みが出てくる時です。

お肌にとって過酷な季節の変わり目

これを知らずに管理するのは
大きな間違い!

核心はお肌のバリアにあります!

角質層の最も外側にあるお肌の
バリアは、
外部有害物質からの「防護膜」、お肌の水分を逃がさない
「保護膜」の役割を持ちます。

もし、このお肌の壁が
ひどく傷ついてしまったら?

大きな肌悩みを引き起こす
こともあるので、
「丈夫なお肌のバリア管理は必須!」

最近は、丈夫なお肌バリアのために
様々な製品が出ていますが、

お肌のバリアクリームを
使うことも、
季節の変わり目にはお勧めです。

サンクリームを購入する時、
自分が知っているブランドだから、
安いから、友達に勧められて、
という理由で
皆さん製品を
選んでいるようです。

ところで、製品に書かれている
「SPF」、「PA」 が何かご存じですか?

「SPF」と「PA」は
紫外線遮断知数を表す単語で
あり、
SPF( Sun Protection Factor)は
紫外線B(UVB、
290-320nm)、
PA(Protection grade of UVA)は
紫外線A
遮断程度(UVA、320-400nm)

意味します。

つまり、紫外線の遮断をどれほど
してくれる
 のかを
判断する
とても重要な情報です。

SPF は「紫外線を
遮断する量」を表します。

例えばSPF30 だと、
紫外線露出を
約97%遮断するということになります。
(紫外線露出を1/30 に減少)

ですから  数字が大きいほど 
 紫外線を多く遮断 
 してくれます。

逆にPA は+ 等級を表します。
+ が1 つあれば2 倍以上の
紫外線を遮断します。

例えばPA+++ は、PA+ の4 倍以上を
遮断することになります。

では、SPF とPA は高ければ高いほど
良いのでしょうか?
 決してそうではありません! 

日常生活では
SPF15 ~ 30、PA++ であれば
十分ですが、
海や山、スキー場では
SPF50、PA+++(+)を
お勧めします。

何よりも重要なことは、
 2 ~ 3 時間おきに塗る  ことです。

サンクリームを忘れず塗って、
健康なお肌を保ちましょう!